Intuos4からCintiq 27QHDに乗り換えて3ヶ月ぐらい経ちました。

この記事がやけに閲覧されるので・・・その後の現状みたいな記事です。



プロペンExpressKey Remoteについての評価は、前記事の通りです。


◯タッチ機能

タッチ機能は・・・一応たぶんちゃんと動作するようになりました。

最近OS(Win7)を再インストールしてWindows 10にアップデートしました。

Windows 10にアップデート後、ドライバを更新することでCLIP STUDIO PAINT上でも動作するようになりました。

が・・・やっぱり動作しないときもあるので今いち良く分かりません・・・

また起動時やスリープ復帰でタッチオフ設定が切れてしまう問題も解決しました。


ただ・・・やはりタッチ機能はいらなかった気がします…

なんでタッチ付きのモデルを買ったかというと、vivo tab note8で便利だったからです。

しかし・・・タッチはある程度画面サイズが小さい場合に便利なのでは?という気がします。

あとはキーボードが接続されていない環境など。

なのでタブレットPCや13HD touchなら便利かもしれない(?)と思いました。

それに・・・まだまだ対応してるソフトが少ないのでね。。。


◯不具合関係

タッチの挙動が怪しいですが。。。それ以外は問題ないですね。

色も以前の記事で書いたとおりです


◯DisplayPort接続

相変わらずスリープ復帰後にウインドウがぐちゃぐちゃになります。

しかしWindows10になってから、7の頃よりは少しましになったようにも思います。


◯購入検討中の人へアドバイス?

27QHDは専用スタンドを使わない場合、直置きか本体についている足を立てることで設置できます。

直置きの場合の話ですが・・・

サイズが「770 x 465 x 54.5 mm」とあります。

しかし前後左右それぞれ机からはみ出して設置できます。

私の場合左側と前側を8cmぐらい机からはみ出て設置しています。

後ろも10cmぐらいははみ出して設置出来ると思います。

「面積的にギリギリ足りない」という感じの机でも設置できると思います。





すごく大きな変化はないです。

とりあえず補足的な記事でした。