エレコムが販売している「EX-G Ultimate Laserマウス」という8ボタン無線マウスがあります。

以前から販売されている「M-XG3DLBK

去年10月に発売した「M-XGL20DLBK

の2機種を使ってみての感想を、かるーく記事にしました。





◯見た目

基本的に旧型と新型で大きくは変わっていません。
質感などは新型のほうが少し良くなってるかもしれません。


◯使い勝手など

旧型はサイドボタンが押し易すぎる位置にあり、間違って触って押してしまう事が起こりやすかったです。
新型は少し位置が変わり、ミスは起こりにくくなったように感じます。
ただ…旧型に慣れていた私は、最初は押しにくくなったように感じました。

ファンクションボタンは、新型が旧型より小さくなっていました。
この点も最初は使いにくく感じました。
ただ今はもう慣れてるので特に問題は無いです。

チルトホイールですが…この点が新型のイマイチな点でした。
おそらく新型も旧型もハードウェア的には変わっていないように思います。
何が問題かといいますと・・・

スクロール速度です。

新型のチルトホイールはスクロールが遅いです。
設定で一番早くしても、旧型に劣ります。
これはソフト側で対応できるのでは?と思うので何とかして欲しいです…


総評として・・・

新型が旧型と比べて進化も劣化も許容レベルで、さほど差は無いかなぁと思います。


◯電池持ち

仕様書は

旧型は「連続動作:約95時間」
新型は「連続動作:116時間」


となっています。
実際に使ってみて、新型の方が体感でわかるレベルで電池持ちが良くなっています。

しかし・・・

時々ホイールスクロールが最初反応しないことが新型ではあります。

私はその場合、ホイールクリックしたりチルトホイールを動かして対応しています。
そのような点が、電池持ちの代償となっているのではないでしょうか?
私は最初は「うーん・・・」となりましたが、今は慣れてしまいました…


◯総評

やはり新型の方が良いと感じる所は多いです。
ただ旧型を使っていて、壊れてないというような人がわざわざ買い換えるほどでは無いと思います。

このシリーズのマウスは私のおすすめですね。
私は左利きで絵を描くときは右手が開いているので、片手デバイスとして使っています。
よく売られている左手デバイスは、名前の通り左手用なので・・・

左利きのお絵描きユーザーなどにもおすすめです。





ELECOM マウス ワイヤレス 握りの極み 8ボタン ブラック Lサイズ M-XGL20DLBK